9月 122015
 

概要:最新バージョンのasinCrawlerでは、収集開始に当たって、「開始(自動)」と「開始(手動)」という二つのモードを提供しております。本文章ではこのふたつのモードについて説明します。

旧バージョンの利用者へのメッセージ:「開始(自動)」モードは従来の「開始」機能に相当します。

1.「開始(自動)」特徴

従来の「開始(自動)」モードの仕組みは主に以下の特徴があります。

  1. ツールは以下の内容を自動的に行います
  2. 検索内容を自動的に価格で並び替えます
  3. 価格情報を入れて、大量のASINがある場合、自動的に複数回を分けて収集します
  4. 大量のASINがある場合、ツールの動作途中で自動的に再起動を行い、不要のメモリを解放することで、スペックが低いPC(主に、メモリが2G以下のPC)でも稼動できるようになります

2.「開始(自動)」モードの課題

最近、アマゾンの更新では、一部のページが収集できなくなています。原因は、上記の自動操作を行うと、表示中の商品の数がすくなくなりますので、収集できる商品がすくなくなることです。また、たくさんのユーザさんが複数のカテゴリでも収集できることがほしいという要望を大量を受けておりますが「開始(自動)」モードでは対応できないです。

との理由で、asinCrawlerは「開始(手動)」モードを提供することになりました。

3.なぜ手動モードと呼びますか

自動モードで、ツールが自動的に行う「価格で並び替え」、「収集途中での自動的ツールの再起動」が提供しないことになります。この部分の作業を補うために、各ユーザ様は一定の作業を生じます。

4.ユーザ様に要する作業はなに

一回の収集で、商品の数を1万以内に抑えるように、価格を範囲をしぼたっり、カテゴリの範囲をしたり、してください。(1万を超える場合、ツールが正常動作できない可能性があります)。大量の商品がある場合、複数回を分けて収集してください。

5.ユーザ様にメリットはなんですか

  1. 価格で自動的に並びかえると商品の数は急激にすくなくなるケースが解消できる
  2. 人気度、商品の相関度、価格の高いから低いまで、などの順番が収集できるようになります
  3. 複数のカテゴリでも一気に収集できるようになります(この機能は10月に提供する予定です)

6.「開始(手動)」モードを使いたくない

従来の機能と同じ機能の「開始(自動)」をご利用お願いします。

7.ほかに不明点があります?

弊社に問い合わせしてください、もしくはここでコメントしてください