8月 152015
 

目標:windowsのパソコンでFedora Core15をインストールする。

性能:MBRのファイルを書きこまないこと。LINUXを削除してもWindowsに影響を与えないこと

1.grub4dosをダウンローダーする

2。grub4dosから解凍のgrub4dos、grldr、grub.exeとmenu.lstの三つのファイルを解凍し、Cのルートディレクトリに置く

3。C:\boot.iniをcに行を追加します:\ grldr=”Grub4Dos”

4,http://fedoraproject.org/ja/get-fedoraからFedora 9のインストールファイルをダウンローダーする
1仮想ドライブまたはFC9 isoイメージファイルを開くにはWinRARの、二つのファイルvmlinuzとinitrd.imgのISOLINUXのフォルダとCのルートディレクトリに抽出さ

2 Grub4dos最後のmenu.lstファイルには、次の行を追加します。
タイトルFC9をインストールする
ルートを(hd0、1)
カーネルは、(hd0、1)/ fclinux/ vmlinuzに
initrdには、(hd0、1)/ fclinux/ initrd.imgを

3 [スタート]メニューでコンピュータを再起動し、grub4dos-> FC9インストールを選択し、インストールプロセスを開始

4インストールプロセスでは、インストールを選択できるようになる、ハードディスクのインストールを選択し、isoファイルのパスを選択します。

5地区が完了すると、ブートモードを選択し、それはMBRにFC9ブートローダーをインストールしないことをお勧めしますが、Linuxのパーティションをインストールする場所

インストール後に、MBRのブートレコードがLinux上で見つからない場合、FC9システムを入力することはできません、次のものが必要です。

1使用Explore2fs(Windowsのシステムツールがhttp://www.linuxidc.com/Linux/2008-01/10746.htmダウンロードするLinuxパーティションにアクセスするには)の/ boot / grub/ grubの下にあるLinuxパーティションのコピー。 confファイル

(2)のような行を見つけ、grub.conを開くには、メモ帳を使用します。
タイトルのFedora(2.6.25-14.fc9.i686)
ルートを(hd0、7)
カーネル/ vmlinuzで-2.6.25-14.fc9.i686 ROのルート= UUID= fa4faa10-4dd8-4e4c-ae6b- d099b5fdc0cb rhgb静か
initrdを/ initrdを-2.6.25-14.fc9.i686.img

4 Grub4dosこれらの行は、menu.lstファイルの末尾に追加

grub4dos-> Fedoraの(2.6.25-14.fc9.i686)を選択し、システム、ブートメニューをリブートは正常にFC9システムに入った。それをお楽しみください!