電子制作屋 - 組み込み、ロボット、Linux、AVR,MSP430

組み込み

2012 年 01 月 30 日

MQTT V3.1詳細仕様(日本語版)

Tags:

概要:MQTT V3.1はIBMが発表したM2M通信の仕様。このページは英語バージョンの翻訳です。問題がある所、英語バージョンを参考してください。
作成:International Business Machines Corporation (IBM) Eurotech
翻訳:電子制作屋

目次
概要
著作権の注意
仕様の内容
1.初めに
1.1 編集歴史
2. メーセージフォマット
2.1. 固定長さヘッダー
2.2. 変わる長さヘッダー
2.3. ペイロード
2.4. メーセージID(識別子)
2.5. MQTTとUTF-8
2.6. 利用されていないビット
3. 命令メーセージ
3.1 CONNECT ークライアントはサーバに繋がるリクエストをだす
3.2 CONNACK CONNECTリクエストの返事
3.3 PUBLISH  PUBLISHメーセージ
3.4 PUBACK PUBLISHのリクエストの返事
3.5 PUBREC PUBLISHメーセージが受け取られた確認
3.6 PUBREL Assured Publish Release
3.7 PUBCOMP 確認する必要ある通信終わる
3.8.SUBSCRIBE ある名前のトーピークを購読
3.9.SUBACK 購読の返事
3.10.購読のキャンセル
3.11.UNSUBACK 購読のキャンセルの返事
3.12.PINGREQ PINGリクエスト
3.13.PINGRESP PINGリクエストの返事
3.14.DISCONNECT DISCONNECTの通知
4.流れ(Flows)
4.1.サービスレーベルの品質と流れ
4.2.メーセージ転送のリトライ
4.3.メーセージの要求
付録

コメントする

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL