5月 192013
 

svnserve.confの問題である。

解決方法:

svnserve.confの「anon-access」を設置してください

anon-access = none

設置するとSVNのクライアントでSHOW LOGの時、各バージョンの変更者や変更時間が表示できるようにする。

Subversionにって新しいプロジェクトの作る方法

svnadmin create /svndata/cassandra

「/svndata/cassandra」はプロジェクトの場所

 Tagged with:
1月 072013
 

SSHの初期設定では22番ポートが設定されている。
不正侵入を防ぐために、他の人が知らないポートを使ったほうが安全である。
ここでは、ポート番号の変更方法を紹介する。
1、VPSにログインし、以下のコマンドを実行する。:
$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config
2、「#port22」を探して、次の様に入力する
#port22
Port3838
3、Escキーを押して挿入モードを抜く。
4、sshdを再起動
$ sudo /etc/rc.d/init.d/sshd restart
5、再起動完了するとポートが変わった。

 Tagged with:
1月 072013
 

mysqlから重複データの削除をしたい場合の方法を紹介する!

SELECT t1.File_ID
FROM content_all t1, (
SELECT md5str, MIN(File_ID) AS minid FROM content_all
GROUP BY md5str HAVING COUNT(md5str) > 1
)t2
WHERE t1.md5str = t2.md5str AND t1.File_ID= t2.minid
)t3)

注意:
content_all  テーブルの名
md5str     重複となる列の名前
File_ID    キー

この方法では、一回の実行で、重複データの一つを削除する。
もし、重複データが多い場合、繰り返しこの命令を実行してください

12月 302012
 

MySQLをログインして,次の命令を入力する:
SQL code
mysql> show variables like ‘port’;
+——————–+———+
|Variable_name | Value |
+——————–+———+
| port | 3306 |
+——————–+———+
1 row in set (0.00 sec)
mysql>
説明:MySQLのディフォルトポート番号は3306である

12月 232012
 

SVNでコミットすると次のエラーが出ます:
[duan@dos-vps-srv95”] svn ci
[duan@dos-vps-srv95”] svn: Could not use external editor to fetch log message; consider setting the $SVN_EDITOR environment variable or using the –message (-m) or –file (-F) options
svn: None of the environment variables SVN_EDITOR, VISUAL or EDITOR are set, and no ‘editor-cmd’ run-time configuration option was found

意味:外部エディタが指定していないのでログメッセージを追加できないです。
解決方法:$SVN_EDITORを指定します
1、次の命令を実行します
export SVN_EDITOR=vim
この方法は、ユーザがログアウトすると、設定が失います
2、次のファイルを編集します
vi /home/username/.bashrc
最後に次を追加します
export SVN_EDITOR=vim

12月 102012
 

linuxを使う方がだんだん多くなっています。Linux環境の開発では、環境変数を設定する必要性があります。ここではjava開発ための環境変数の設定方法について、次の2つの例を紹介します。
1/etc/profileファイルを変更します

すべてのユーザーのシェルはこれらの環境変数を使用する権利を持っているのでセキュリティの問題を与える可能性のあります、この方法を使用することはお勧めしないです。しかし、最初勉強の時は使っても結構です。

(1)テキストエディタを使用して/etc/profileファイルを開く
(2)ファイルの終わりで次のコードを追加:
[bash]
JAVA_HOME=/usr/share/jdk1.5.0_05
PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH
CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib/dt.jar:$JAVA_HOME/lib/tools.jar
export JAVA_HOME
export PATH
export CLASSPATH
[/bash]
(3)再ログイン
コメント:

  1. JAVA_HOMEはJDKのインストールディレクトリです
  2. linuxでは”:”を使って複数のパスを区切する

2、bashrcファイルを変更します。

この方法は、より安全です。それはあなたがこれらの変数を使用する権限をユーザーに与える必要がある場合は、あなただけの彼らの個人的なユーザのホームディレクトリを変更する必要があり、ユーザレベルにこれらの環境変数の権限の使用を制御できます。bashrcファイルにすることができます。

(1)テキストエディタを使用して、ユーザディレクトリの[.bashrc]ファイルをを開きます。
(2)bashrcファイルの末尾に次のコードを挿入します:
[bash]
set JAVA_HOME=/usr/share/jdk1.5.0_05
export JAVA_HOME
set PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH
export PATH
set CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib/dt.jar:$JAVA_HOME/lib/tools.jar
export CLASSPATH
[/bash]

4月 292012
 

https://51flya.com/linux/102.html

https://51flya.com/linux/134.html

https://51flya.com/linux/137.html

https://51flya.com/linux/140.html

https://51flya.com/linux/155.html

https://51flya.com/linux/157.html

https://51flya.com/linux/162.html

https://51flya.com/linux/165.html

https://51flya.com/linux/171.html

https://51flya.com/linux/176.html

https://51flya.com/linux/178.html

https://51flya.com/linux/180.html

https://51flya.com/linux/183.html

https://51flya.com/linux/185.html

https://51flya.com/linux/189.html

https://51flya.com/linux/191.html

https://51flya.com/linux/208.html

https://51flya.com/linux/214.html