11月 242018
 

1.機能概要

Alias管理とはBUYMA自動出品くんが認識できない項目を認識できる項目と結びつき、認識できるようにすること。対応項目:

  • カテゴリ
  • ブランド
  • サイズ

例で説明すると、現状のツールでは、出品するために、テンプレートにカテゴリIDの大と小の数値をテンプレートに入れる必要がある。しかし、外部サイトからデータを収集する場合、カテゴリの文字列になるのが一般である。例えば、「Woman-Skirt」などのカテゴリになる。従来の作業方法として、手作業で文字列を「カテゴリ一覧」を調べ、必要の数値をテンプレートを記入する必要がある。商品の数が多い場合、この作業は非常に手間がかかることになる。こちらの避けるために、このAlias管理機能と開発した。

Alias管理機能の使い方を説明する前に、現状の作業の流れを説明すると、

  1. カテゴリID調べ
  2. テンプレート編集
  3. 出品開始(エラーが発生する場合、テンプレートを修正)

上記の作業1と2が時間をかかることがある。Alias管理機能を利用する場合、以下の流れになる。

  1. カテゴリIDをそのまま
  2. テンプレートのそれ以外の項目を編集
  3. 出品開始(エラーが発生と表示)
  4. 「Alias管理」を開き、カテゴリTabで各未登録カテゴリのIDを指定する
  5. 出品再開

上記の作業において、手順4は簡単にできるので、全体の時間の節約になる。また一回の設定のツールは対応関係を覚えるので、次回の再設定する必要がなくなる。

以上はカテゴリ設定の概要を説明した。以下は詳細を説明する。

2.Alias管理を開く

ツールのメニュー -> BUYMA自動出品管理 -> Alias管理 をクリックすると、下記の画面を表示する。

図1.Alias管理メイン画面

画面が表示する通り、「カテゴリ」、「ブランド」、「カラー」、「サイズ」のAlias管理ができる。管理の方法別で説明する

3.カテゴリのAlias管理

3.1 新規追加

基本は自動出品くんは認識できないカテゴリを自動的に追加するので、新規追加は不要となる。ツールの自動的に追加したカテゴリでは、カテゴリのコード大とコード小はデフォルトで「-1」になるので、正確のカテゴリを編集機能で入れてください。

新規追加したい場合、「新規」ボタンを押して、追加モードに入る。下記の図が示すように、すべての情報を記入し、「保存」を押すと、完了となる。

図2.カテゴリのAliasの新規追加

3.2 編集

カテゴリの一覧①をクリックするとクリックした項目が下の詳細領域②に表示され、編集モードになる。編集完了後、「保存」③を押してください。

図3.カテゴリのAliasの編集

3.3 削除

編集モードで「削除」を押すと、選択した項目が削除される。また、上記図3の領域①をクリックし、「Delete」キーを押すと、削除可能です。

3.4 検索

キーワード領域①に検索したいキーワードを記入し、検索ボタンー②を押すと、リスト領域③に関連する結果が表示される。

図4.カテゴリのAliasの検索

4.ブランドのAlias管理

基本はカテゴリと同じです。

5.カラーのAlias管理

基本はカテゴリ管理と同じです。違うところは、カラーIDでは、BUYMAの標準色を選択することです。

6.サイズのAlias管理

基本はカテゴリ管理と同じです。違うところは、カラーIDでは、BUYMAの標準サイズを選択することです。また、標準サイズの中に、「選択なし」という標準サイズにもあるので、海外にサイズ情報があるが、日本は対応つけるサイズが存在しない場合、利用可能となる。